キャリアコンサルタントが取り組むべきリカレント教育とは?

公開日:2024/06/15
キャリアコンサルタント養成講習 リカレント教育

リカレント教育は、学校教育から一度離れた後でも、それぞれのタイミングで学び直し、仕事で求められる能力を磨き続けていくことがますます重要だという指針のもとで推奨されているものです。この記事では、キャリアコンサルタントが取り組むべきリカレント教育について詳しく解説します。

リカレント教育とは?

リカレント教育は、OECD(経済協力開発機構)が1973年に提唱した教育改革理念で、学校教育と社会教育とを循環させるシステムの構築が目標とされています。具体的には、学校教育終了後、社会に出てからも高等教育をさまざまな形で受けられる機会を提供し、教育を生涯に分散させるという考え方(理念)になります。

リカレント教育の形態

リカレント教育は、オンラインコース、夜間や休日の講座、通信教育など、さまざまな形態で提供されています。これにより、仕事や家庭の責任を持ちながらも、学習者は柔軟に教育を受けることが可能になります。キャリアコンサルタントは、クライアントのライフスタイルや学習目標に合った教育形態を提案することができます。

リカレント教育は、個人が時代の変化に適応し、キャリアを通じて成長し続けるための重要な基盤を提供します。キャリアコンサルタントとして、クライアントがこの教育システムを最大限に活用し、充実した職業生活を送るためのサポートを行うことは、社会全体の発展にも貢献する重要な役割です。

リカレント教育の重要性

リカレント教育は、絶えず変化する現代社会において、個々人のキャリアを豊かにする重要な手段です。職業生活における長期的な成功と個人の成長のために、学び直しの機会が提供されるべきです。キャリアコンサルタントは、このプロセスにおける重要なガイド役を担っています。

キャリア形成におけるリカレント教育の役割

キャリアコンサルタントは、個人が自身のキャリアを計画し、発展させるために必要なリカレント教育の機会を提供することで、その人々の職業人生における成長と成功を支援します。彼らは、受講者が学びから最大限の利益を得られるように、教育プログラムの選択から学習方法まで、一貫したサポートを提供することが求められます。

企業との連携強化

キャリアコンサルタントは、企業等と積極的に連携し、受講者のキャリア形成をさらに促進する役割も果たします。企業は、リカレント教育を通じて従業員のスキルアップやモチベーション向上を図ることができるため、教育プログラムへの投資に積極的です。コンサルタントは、このような企業と教育機関の間の橋渡し役を担い、双方にメリットをもたらす関係を築くことが重要です。

リカレント教育の拡充とその利用促進は、今後も社会のニーズに応えるために必要不可欠です。キャリアコンサルタントは、この教育の価値を広め、個人と社会の発展に貢献するための鍵を握っています。

キャリアコンサルタントとリカレント教育

キャリアコンサルタントがリカレント教育の推進における中核的な役割を担うなかで、その専門性を生かし、個々のキャリア形成を支える方法は多岐にわたります。ここでは、キャリアコンサルタントとして備えるべき視点やスキルに焦点を当て、リカレント教育の推進について考察します。

職業生活の設計支援

キャリアコンサルタントは、個人が直面する職業上の課題や将来設計に対して、専門的な観点からアドバイスを提供します。個人の適性や興味、価値観を踏まえたキャリアプランの作成支援を行うことで、リカレント教育を通じた自己実現の道を指し示します。

学習機会の橋渡し

リカレント教育へのアクセスは、多くの場合、情報の不足や選択肢の多さにより困難を伴います。キャリアコンサルタントは、個々人のニーズに合致した教育機関やプログラムを紹介し、適切な学習機会へと導く役割を果たします。

キャリア発展の促進

個人がリカレント教育を経てキャリアを発展させる過程において、キャリアコンサルタントは目標設定の明確化、学習成果の職場での活用方法の提案など、継続的なサポートを提供します。これにより、学んだ知識やスキルが実際の職業生活で効果的に活用されることを促します。

リカレント教育の推進に関わるキャリアコンサルタントは、教育機会の提供だけでなく、個人の内面的な成長と外部環境との橋渡しを行う重要な役割を持ちます。キャリアコンサルタントを目指す人々は、このような役割を理解し、個々のクライアントに寄り添いながら、その可能性を最大限に引き出すことが求められます。

まとめ

リカレント教育は、学校教育から一度離れた後でも、それぞれのタイミングで学び直し、仕事で求められる能力を磨き続けていくことがますます重要になっています。キャリアコンサルタントは、リカレント教育の推進において重要な役割を果たします。

具体的には、職業生活設計に即した学び直し(リカレント教育)の機会への結びつけ、そのキャリア形成上の活用等のガイダンスを行うことが求められます。これらの知識とスキルを身につけることで、キャリアコンサルタントとしての専門性を高めることができます。

関連する記事一覧

  • 給付金制度が使えるキャリアコンサルタント養成講習3選

    まとめ ここでは専門実践教育訓練給付制度の対象とし ・・・

    もっと詳しく
  • 費用が安いキャリアコンサルタント養成講習3選

    キャリアコンサルタントになるための費用 キャリアコ ・・・

    もっと詳しく
  • キャリアコンサルタント養成講習 信頼関係

    キャリアコンサルタントがクライアントと良好な信頼関係を構築する方法

    キャリアコンサルタントとクライアントとの間には、信 ・・・

    もっと詳しく
  • ICDSキャリアコンサルタント養成講座の画像

    ICDSキャリアコンサルタント養成講座

    2016年4月に施行された職業能力開発促進法により ・・・

    もっと詳しく
  • キャリアドライブの画像

    キャリアドライブ

    仕事上の不安やこれからの生き方について悩んでいる方 ・・・

    もっと詳しく

キャリアコンサルタント養成講習ランキングTOP6! 比較表

イメージ
サービス名一般社団法人 地域連携プラットフォーム日本マンパワーヒューマンアカデミーJAICO(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会)LEC東京リーガルマインドリカレントキャリアデザインスクール
特徴業界最安レベルかつ最速で受験資格が取得できる充実したサポートが特徴のキャリアコンサルタント養成校自身の都合に合わせて自由度高く受講方法が選べるキャリアカウンセラー養成校最短3ヶ月での受験資格取得可能!開校33年の資格総合校で実現する効率学習実践的なカウンセリング力が身に付く、歴史あるキャリアコンサルタント養成校40年の実績を誇る資格試験対策の大手。スケールメリットでお得に受講可能キャリア支援に特化しスクールで即戦力のキャリアコンサルタントになれる
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら